2ヶ月で自分の声が好きになる。大阪・寝屋川のボイストレーニング《セカンドネイチャー》

話し声の悩みトップは、喉の疲れ。

話し声の悩みトップは、喉の疲れ。

画像の説明

昨日は、お仕事を持つ女性がたくさん参加されたお茶会で
プチボイスレッスンをいたしました。

皆さん、それぞれに話し声について
お悩みをお持ちでした。
画像の説明
一番多い悩みが、「長時間話してると喉が疲れてくる。」
そして、「通る声、聞き取りやすい声にしたい。」
でした。

まず

声の出る仕組みから
なぜ喉が疲れてくるかを説明させていただきました。

喉や舌、口蓋垂(のどちんこ)のあたりが
緊張していず、リラックスしていると
喉は疲れにくいのです。

そこで
喉頭、咽頭、口腔を(さらに鼻腔も)
自分で広げる方法をお伝えしました。

自分の喉のスペースはこんなに広くなるんだ!
って感覚を知ってもらえたら,
まずはオッケーだと思います(^^)

次に
聞き取りやすい声、通りやすい声についてです。

大きく言えば
息漏れの無い声にする、がポイントです。

選挙カーから流れるアナウンスの
「おはようございます!」は 
クッキリ、はっきり、息漏れの無い声といえます。

逆に
健康診断で夜と朝ご飯を抜いた人の
「おはようございます。。。」は
芯がなく、息で声を出してる感じです。

話し声を、聞きとりやすくするには
息漏れのない、クッキリした声を
イメージしてもらうと分かりやすいです。

喉が疲れなくて声がだせたら、
いいですよね。
なんといっても、楽です!

そしてちゃんと言葉が伝わるといいですよね。

話し声がよくなるお手伝い、しています!

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional