2ヶ月で自分の声が好きになる。大阪・寝屋川のボイストレーニング《セカンドネイチャー》

息の圧力~声量を作る鍵2

息の圧力~声量を作る鍵2

声量が無くて悩んでる方も多くいらっしゃいます。

声は小さいより、大きいほうがいいです。

大きいほうが説得力がありますし、

小さい声との差ができてダイナミクスができ、表現力となります。

どんな声でも大きい方がいいか、っていうと、そうでもないですが
(それはまた、別の機会に)

声量をつくる要素は3つあります

1、 声帯の閉鎖度
2、 息の圧力(スピード)
3、 共鳴

今日はその中の
2 息の圧力(スピード)について書いてみたいと思います。

息のスピードとは声の勢いです。
この息のスピードを速くしていくことで、声量もアップしていきます。

「あ~の~~ね~~」と話すようなとき、

息のスピードは遅いといえます。

逆に「きゃっ!!」と

驚かされて、思わず叫んでしまったようなとき

息のスピードは速いといえます。

(ジェットコースターに乗って叫ぶときも息のスピードは速いです)

どんなに腹式ができていて
おなかから声を出したとしても、

ゆっくり息を出していたら
遠くまで届かないです。

ゆっくりの息のとき、声量が出ない声になります。

この息のスピードは単純に勢いだけでなく
声量の鍵1の声帯の閉鎖度にも比例します。

声帯がピッタリ合わさっている状態が
更に息のスピードを作ってくれます

画像の説明

声帯が合わさってないと息が漏れて
漏れた息は声にならないからです。

声量ひとつとっても、
総合的な要素が絡みあってるんですね(^^)

なので色々組み合わせてトレーニングしていくと効果的です。

では、次回は

3つ目の共鳴について書きますね~♪

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional